本編が長すぎて読者の記憶力が限界なので ここではありふれた物語のメモ、考察を行うwiki 

なろう小説 「ここではありふれた物語」 の伏線、設定、謎の考察など

https://ncode.syosetu.com/n6359da/
作者:越智 翔

適宜追加・編集してください。

第26章 因縁と怨恨の地  


長丁場でプレイヤーが多いので整理。

各陣営の紹介

ファルス側
ゴーファトの殺害というファルス君の目的に乗っかれる人たち。
  • ファルス君。
    • タンディラール王からの密勅でゴーファトを暗殺しに来た。さっさと終わらせて帰りたい。
    • 但し収容所時代の仲間たちの安全はなるべく確保したい(ドロル除く)。
  • アドラット
    • 悪辣な領主ゴーファトを誅すべし。
  • タンディラールの工作員たち
    • 反逆の恐れのあるスード伯ゴーファトを始末したいが難しい。
    • ファルスみたいな子供の手を借りるのは不本意だが背に腹は代えられない。ファルスの仲間の奴隷たちへの気遣いはゼロ。
  • ワノノマ魔物討伐隊
    • 魔物とパッシャは殺す。
    • ゴーファトは政治的に手を出しにくかったがパッシャと組んでるなら標的にしても構わない。
ゴーファト側
  • ゴーファト
    • 一番謎。ファルスにスード伯を継がせたいらしいが額面通りに受け取るやつはいない。
    • ファルスに成り代わろうとしている可能性。
  • パッシャの面々
    • 目的は不明だがゴーファトとは部分的にせよ協調関係にある模様。
    • ファルス君、ウチに就職しない?
    • 首領まで現地入りして何か大それたイベントを起こすらしい。
    • 間違いなく碌でもないことだろう。スーディアに封印された魔王の復活とか。

立ち位置不明

  • 使徒
    • 直接関与はしていないがファルスの行動を誘導したい。
    • パッシャをぶっ殺せ。














Seesaa Wiki関連リンク

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます